消費者金融ライフティは独自審査

大手の消費者金融キャッシングの場合には、それぞれの審査基準があるとは言っても大体が同じような内容、基準で融資の判断をしています。借り入れ件数にしても信用情報にしても、極端に件数が多かったり信用情報に所謂「ブラック」とするようなネガティブな情報があれば、審査では即NGとなる場合がほとんどです。

 

しかし、消費者金融のライフティでは、大手とは違った独自の審査基準で融資の判断をしています。

 

借り入れ件数や直近での申し込み件数が多くて「申し込みブラック」になってしまっている方でも、過去に債務整理等をしていて信用情報にネガティブ情報が記載されている方でも、現状の返済に問題ないと判断されれば、融資をしてくれる可能性もあるのです。

 

信用情報に問題があっても、借り入れ件数が多くても、過去に債務整理をしていても借りられるとなると、「闇金融」だと感じる方が多いです。しかし、貸金業法にも他の法律にも、それらの貸し付けを禁止する決まりは一切ありません。あくまで各社の審査基準次第で、しっかりと返済が出来ると判断されれば、ライフティからの借り入れも可能となるのです。

 

もちろん、言うまでもありませんがライフティは正規の消費者金融であり、消費者金融事業としての歴史こそ浅いですが、元々は信販系事業で長い20年以上の歴史を持つ業者ですので、名前を知らないだけで安心して利用出来るキャッシングでもあるのです。

 

ライフティに申し込みが出来る方

幅広い層に人気となっているライフティは、以下に該当しなければ申し込みが出来ます。

 

  1. 20歳未満、70歳以上の方
  2. 無職、無収入で返済が出来ない方
  3. 年収の3分の1以上の借り入れがある方

 

簡単に言ってしまえば、20歳〜69歳で収入があり、総量規制以上の借り入れさえしていなければ申し込みが出来るわけです。収入に関してもアルバイトやパート、派遣はもちろん可能で、大手では申し込みが厳しくなるフリーランスの方でも審査をしてくれます。

 

大手の場合だとダメならダメですぐにNG、審査申し込み後に即融資不可能とする連絡が来るような方であっても、貸せるかどうかをしっかりと審査をしてくれるのはライフティの良いところでもあります。

 

上限金利が18.0%のライフティ

信用情報に問題がある方や他社でNGだった方でも、審査をしてくれて融資をしてくれる正規の消費者金融はライフティ以外にも存在しています。しかし、上限金利を見ると20.0%としている業者が多く、どうしても利息の割合が大きくなってしまいます。

 

と言うのも、利息制限法では10万円までの貸し付けなら20.0%を上限として金利を定めて良いため、属性や状況が弱い方への少額融資となりやすい中小の消費者金融の場合には、10万円までの限度額に設定して上限いっぱいの20.0%の金利で貸し付けるケースが多いです。

 

しかし、ライフティの場合には同じく少額融資がメインとなるものの、上限金利を18.0%としているので、仮に10万円以下の限度額だとしても金利は18.0%以上にはなりません。借り入れ金額が小さければ2.0%の金利は利息差で大した違いがないのも事実ですが、利息負担を小さく出来るならそれに越したことはありません。

 

ただでさえお金に困って、少額でも借りたいと中小の消費者金融に申し込みをするわけですので、返済時の利息もよく考え、上限金利で比べてライフティを選ぶようにすると良いでしょう。

 

借り入れ診断の結果で見る違い

ライフティにも他社と同じように簡単な入力項目で、借り入れの目安はどの程度かが分かる「借り入れ診断」があります。年齢、年収、他社借り入れを入れるような簡単なものであり、似た入力内容となるアコム「3秒診断」と結果の比較をしてみました。

 

1986年(昭和61年)生まれで28歳、独身の男性で、年収を300万円、他社借り入れ件数5件、借り入れ総額を80万円の総量規制手前の非常に厳しい状況として診断をしたところ、結果は以下のように表示されています。

 

ライフティの場合

ライフティの診断結果

 

アコムの場合

アコムの診断結果

 

もちろんあくまで診断に過ぎないので、実際に借りられるかは審査の結果次第とはなりますが、申し込みの基準として診断を使うのであれば、ライフティの申し込み基準は大手とは違い、やはり独自に持っているのが分かります。

 

ちなみに、アコムの「判断できません」については、言ってみればNGです。例えば、絶対に新規で借りられないだろうとする件数50件、借り入れ総額を1億円(10,000万円)などのふざけた数値を入れたとしても、結果は上記のケースと同じく「判断できません」となるのです。

 

申し込み前に審査の実情を確認

ここまではライフティの魅力や良さばかりを書いてきたため、上の借り入れ診断の結果を見ても、収入さえあって総量規制の範囲内なら誰でも借りられるのではないかと感じてしまう部分もあるかと思います。しかし、決してそのようなことはありません。

 

ライフティが独自の審査基準を持っているとは言っても、あくまで申し込みが出来るかどうか審査が受けられるかどうかだけで、信用情報に問題がある方でも誰でも貸すわけではありません。ただ単に申し込みが出来るだけであり、独自に審査基準を持っているからと言って、基準が明確にされていない以上は、借りられるかは別問題です。

 

審査は最短即日とはしていますが、実際の利用者の声を聞けば審査回答に1週間以上待たされた挙句に融資NGになっている方も多く、申し込みだけが出来ても結局は借りられなければキャッシングは意味がありません。

 

独自基準の審査と聞くと飛びついてしまう方もいますが、返済が今現在遅れていたり不足入金をしていたり、あまりにも信用情報が汚すぎる方には貸し付けは行いません。返済が出来る方にのみの融資となるため、ライフティだから借りやすいなどといったことも現実的にはほとんど無いとも言えるのです。

 

借りられたとしても利用額が5万円程度になる場合もあり、5万円を借りるために審査に1週間以上も待たされたのではどうにもなりません。そもそもの返済能力のある方、つまり、現状で総量規制を超えていない、返済が遅れているわけではない方なら、他の消費者金融にも申し込みができ、借りられる可能性もあります。

 

結局のところは、ライフティで借りられる方は、他社から更に良い条件で借りられたかもしれないのです。実際にはどういった審査結果になるかは申し込み者によりますが、申し込み先については他社の情報も見つつ、じっくりと考えてみた方が良いかもしれません。

 

当サイトからアクセスが出来るライフティは、闇金融ではない正規の消費者金融です。似た名前の闇金融業者がありますが、間違えてしまうと大変なことになりますので、申し込みをする際には正規の「ライフティ」を利用するようにして下さい。

 

ライフティ