過払い金請求後でも申し込みが可能

スルガ銀行グループの消費者金融ダイレクトワンは、銀行グループの高い信頼性がありながらも、過去に過払い金請求をしている方であっても申し込みができるようになっています。審査の結果次第では借り入れも可能であり、大手消費者金融では難しい方でも、ダイレクトワンなら借りられる可能性があります。

 

過去の過払い金請求などよりも現状で審査をしてくれるため、今現在の収入がアルバイトやパートでも安定をしている、他社の借り入れやクレジットカードの利用などがあるとしても返済が正常に行えている、総量規制で定める年収の3分の1以内の借り入れであるといった方なら、ダイレクトワンへの申し込みができます。

 

ただ、今現在で他社の返済ができていない方や収入が無い、または不安定な方、返済能力を超えた借り入れとなっている方では、ダイレクトワンの審査には通りません。あくまで現状で問題が無い方の利用に限られるので、過去に過払い金請求をしているとしても、今現在の状況はしっかりと確認をしてから申し込みを進めるようにしてください。

 

来店不要で手続きが可能

ダイレクトワンの申し込みはネットで24時間いつでもどこからでも行え、最短即日の審査回答で素早く手続きが進められます。面倒な書類の郵送や記入、FAX等は不要となり、パソコンやスマホのWeb上で手続きが進められるので手軽です。

 

契約後のカードに関しては自宅宛に郵送がされますが、申し込みから契約まで利用者側がダイレクトワンに何らかの郵送をする必要はなく、申し込みから契約まで来店不要でWeb完結が可能です。

 

大手以外の消費者金融では申込書や契約書類の郵送やFAX、借り入れ先によっては店舗に直接足を運ばなければならないところもありますが、ネットサービスに強いスルガ銀行グループとなるダイレクトワンでは来店不要です。

 

スマートフォン以外の携帯電話端末や、そのほか利用環境によってはWeb完結での申し込みが利用できない場合がありますが、それでも来店不要での手続きが可能です。近くにスルガ銀行の店舗が無い地域でも利用ができますので、申し込み条件を満たしている方であれば日本全国どこからでもダイレクトワンの申し込みが可能です。

 

自宅宛のカードの郵送が困る方で近くに店舗窓口がある場合には、直接受け取ることで後日の郵送物はなくなります。来店をする手間はありますが、郵送物が困る方は考えてみましょう。

 

 
ダイレクトワン
ダイレクトワンの特徴

過去に過払い金請求をしている方でも申し込めるダイレクトワンは、信頼のできるスルガ銀行グループの消費者金融で安心です。契約後のカードは全国のコンビニや提携金融機関のATMで利用ができ、近くのATMで便利に借り入れが返済が可能です。パートやアルバイトの方でも安定した収入があれば申し込みができるため、多くの方にとって頼れるのがダイレクトワンです。

実質年率 4.9%〜20.0%
限度額 1万円〜300万円
審査時間 最短即日
申し込み前に

申し込み前に「クイック診断」で借り入れの目安が確認できるので、まずはダイレクトワン公式サイト上の診断を試してみましょう。

 

 

借り入れ金額と金利の関係

ダイレクトワンの金利は上限で20.0%と、大手消費者金融と比べるといくらか高くなっています。例えばプロミスでは17.8%、アコムでは18.0%といった上限金利ですが、スルガ銀行グループのダイレクトワンでは20.0%となります。

 

金利が高くなると返済時の負担が大きくなりますが、ダイレクトワンの20.0%の金利は10万円を下回る限度額時にのみ適用される利率となるため、ある程度の金額を借りる際にはダイレクトワンでも適用金利は18.0%が上限です。

 

これは法律で決められた上限であり、大手であっても中小の消費者金融であっても必ず守られなければならない金利です。貸付条件の上限金利が20.0%のダイレクトワンでも、10万円以上100万円未満の限度額なら18.0%まで、100万円以上の限度額なら15.0%が適用される金利の上限となりますので、10万円以上の契約であれば大手消費者金融と変わらない金利での借り入れが可能です。

 

ただ、それでも20.0%の金利が上限で設定されているダイレクトワンでは、審査の結果次第で10万円を下回る少額の限度額設定となる可能性があります。信用情報に何らかの問題がありながらも現状では返済が可能と判断された場合などには、様子見の限度額設定がされるケースがあります。

 

例えば5万円程度の限度額で貸付を行い、返済が特に問題なく行えるようであれば一定期間の利用実績を見た上で限度額の増額を行うといった流れです。

 

増額の結果、限度額が10万円以上となれば金利は18.0%が上限となります。限度額が10万円以上であれば借りる金額が2万円でも3万円でも5万円でも適用される金利は18.0%が上限となり、少額の限度額設定時よりも利息負担が軽減できます。

 

そのためには正常な返済を進めるしっかりとした利用実績を積み重ねる必要がありますので、ダイレクトワンでの借り入れ枠が小さくなったとしても、返済は期日通りに正しく行うようにしてください。

 

返済が遅れてしまったり不足入金となってしまうと、今後の増額審査にも悪影響を与えてしまいます。増額を考えるなら返済は遅れることなくしっかりと進めるようにしましょう。

 

無理なく行える返済

ダイレクトワンの返済は借り入れ残高によって約定返済額が変わる内容で、10万円以下の利用時には4,000円からと余裕を持って返済が進められるようになっています。大きな金額を借りなければ毎月の返済も少なく抑えられ、計画的な借り入れができる内容です。

 

10万円以下の借り入れ時には4,000円の返済を毎月行えば良いのですが、お金に余裕があるときにはそれ以上に返済をしても構いません。臨時収入が入ったときや、お金が余っているときなどは上乗せして返済を行っておけば、それだけ借り入れの残高が減らせるようになります。

 

カードローンの利息は借り入れの残高が多いほど大きくなるので、多めの返済をして残高を積極的に減らしておけば、翌月以降の返済時の利息を減らせます。利息が減れば同じ返済金額でも元金分にあたる割合が増えるため、より完済に近づけるようになります。

 

また、余裕のある返済は今後の増額審査に対しても有利に働く場合もあります。毎月ギリギリの返済を進めるよりも、余裕を持って入金ができるような借り入れに留めておけば、ダイレクトワンのカードローンキャッシングがより便利に使えるようになるでしょう。

 

借りる前の返済に関しては、ダイレクトワンの公式サイト上の返済シミュレーションで見ておくと良いです。無理なく返済ができるかを確認し、計画的な借り入れができるようにしておくべきです。

 

誰でも借りられるわけではない

過払い金請求をしている方などは銀行や大手の消費者金融の審査通過は難しく、困ったときであってもお金が借りられないものです。しかし、ダイレクトワンであれば過払い金請求後でも借りられる可能性があり、大手での利用が難しい方でも頼れます。

 

とは言え、誰でもダイレクトワンの審査に通るわけではありません。上にも挙げたように収入が不安定であったり借り入れの状況が悪すぎる、信用情報に直近でネガティブな内容が記載されているといった方では審査通過は難しいと言えます。

 

例えば数年前に過払い金の請求をしたことによって大手での利用が難しくなってしまった方は、収入やその他の状況に問題が無ければダイレクトワンで借りられる可能性はあります。対して数ヶ月前に何らかのトラブルを起こしてしまっている方では、そのときと今では状況に大きな違いはないことがほとんどのため、ダイレクトワンでは借りられない可能性が高いです。

 

過払い金請求後でも借りられるからといって誰でも利用ができるサービスではないので、ダイレクトワンに申し込みを行う際には自身の状況をしっかりと確認し、無駄な申し込みとならないように手続きを進めてください。

 

ダイレクトワン